小さな星がほらひとつ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記事一覧をカード風に表示するカスタマイズを作りました(はてなブログ)

Web

こんにちは。

当ブログでは「記事一覧ページをトップページとして表示する」カスタマイズを導入しています。
blog.wackwack.net


今回はこの味気ない一覧をもう少し何とかできないか!?と思い、

記事一覧のレイアウトを(スマホの時は)カード風に表示するカスタマイズ

を作ってみました。と言ってもスクリプトは無し、CSSの設定のみです。

こんな感じになります

PCページの場合

記事を2列にレイアウトします。

マウスをかざした記事のバーの色が変わります。(この例では青→ピンク)

カスタマイズ後のPCページ

スマホページの場合

記事をカード風にレイアウトします。

アイキャッチとタイトルだけの見出しです。

カスタマイズ後のスマホページ

はい、これだけです。

設定方法

トップページを記事一覧に設定する

ここで詳しくは解説しません。たくさん紹介記事があるので、そちらを参考に設定してください。
dokuwohaku.hateblo.jp

shijinblog.hatenablog.com

デザインCSSを設定する

はてなブログ管理ページから「デザイン」→「カスタマイズ」→「デザインCSS」と進み、以下に示すCSSを貼り付けます。(長い!)
はてなブログのデザイン設定

/* 記事一覧の並列表示 */

.archive-entries {
    text-align: center;
}

.page-archive .archive-entry-header {
    text-align: left;
    margin-bottom: 10px;
}

.page-archive .archive-entry-header .date {
    font-size: 80%;
    position: absolute;
    top: -30px;
    width: auto;
}

.page-archive .archive-entry-header .entry-title {
    font-size: calc(85% + 0.25vw);
    margin: 0;
    padding: 0;
    border: none;
}

.page-archive .archive-entry-header .entry-title a {
    font-size: inherit;
}

.page-archive .archive-entries .archive-entry {
    position: relative;
    display: inline-block;
    margin: 1.5rem 5px 0 5px;
    padding: 0 5px 3rem 5px;
    vertical-align: top;
    text-align: left;
    background-color: #fff;
    -webkit-box-sizing: border-box;
    box-sizing: border-box;
    border-bottom: none;
    border-left: none;
    border-right: none;
    border-top: 8px solid #1D3557;
    border-radius: 0;
    box-shadow: none;
    width: 45%;
}

.page-archive .archive-entries .archive-entry:hover {
    background-color: #f0f0f0;
    cursor: pointer;
    -webkit-transition: 500ms;
    transition: 500ms;
}

.page-archive .archive-entries .archive-entry:before {
    content: ' ';
    height: 8px;
    width: 0;
    background-color: #E63946;
    position: absolute;
    top: -8px;
    left: 0;
    -webkit-transition: 500ms;
    transition: 500ms;
}

.page-archive .archive-entries .archive-entry:hover:before {
    width: 100%;
}

.page-archive .archive-entries .archive-entry .archive-entry-body {
    margin-bottom: 1rem;
}

.page-archive .archive-entries .archive-entry .entry-description {
    margin: 0;
    line-height: 1.5em;
    font-size: 80%;
}

.page-archive .archive-entry .entry-thumb-link .entry-thumb {
    margin: 0 10px 0 0;
}

.page-archive .archive-entry .categories {
    text-align: left;
    margin: 0;
    padding: 0 5px;
    position: absolute;
    top: calc(100% - 3rem);
    left: 0;
    width: calc(100% - 10px);
    border: none;
    background-color: inherit;
    font-size: 80%;
}

.page-archive .archive-entry .categories a {
    font-size: inherit;
}

.archive-entry-body .social-buttons {
    display: none;
}

@media (max-width: 600px) {
    .page-archive #content,
    .page-archive #content-inner,
    .page-archive #main {
        padding: 0 0;
        margin: 0 0;
        width: 100%;
    }
    .page-archive #main {
        -webkit-box-sizing: border-box;
        box-sizing: border-box;
    }
    .page-archive .archive-entries {
        background-color: #f7f7f7;
        padding: 5px 0;
    }
    .page-archive .archive-entries .archive-entry {
        display: -webkit-inline-box;
        display: -moz-inline-box;
        display: -ms-inline-box;
        display: -webkit-inline-flex;
        display: inline-flex;
        -webkit-box-direction: normal;
        -webkit-box-orient: vertical;
        -moz-box-direction: normal;
        -moz-box-orient: vertical;
        -webkit-flex-direction: column;
        flex-direction: column;
        padding: 0 0;
        -webkit-box-shadow: 0px 0px 6px 0px #d6d6d6;
        box-shadow: 0px 0px 6px 0px #d6d6d6;
        border: none;
        border-radius: 4px;
        margin: 5px 5px;
    }
    .page-archive .archive-entries .archive-entry-header {
        -webkit-box-ordinal-group: 1;
        -moz-box-ordinal-group: 1;
        -ms-flex-order: 1;
        -webkit-order: 1;
        order: 1;
        display: -webkit-box;
        display: -moz-box;
        display: -ms-box;
        display: -webkit-flex;
        display: flex;
        -webkit-box-direction: inherit;
        -moz-box-direction: inherit;
        -webkit-flex-direction: inherit;
        flex-direction: inherit;
        padding: 0 5px;
    }
    .page-archive .archive-entry-header .date {
        -webkit-box-ordinal-group: 2;
        -moz-box-ordinal-group: 2;
        -ms-flex-order: 2;
        -webkit-order: 2;
        order: 2;
        position: static;
        padding: 0;
    }
    .page-archive .archive-entry-header .entry-title {
        -webkit-box-ordinal-group: 1;
        -moz-box-ordinal-group: 1;
        -ms-flex-order: 1;
        -webkit-order: 1;
        order: 1;
        line-height: 1.5;
        font-size: 3.5vw;
        height: calc(5vw * 3);
        overflow: hidden;
    }
    .page-archive .archive-entry-header .entry-title a {
        font-size: inherit;
    }
    .page-archive .entry-thumb {
        margin: 0;
        float: none;
        background-repeat: no-repeat;
        background-size: cover;
        width: 100%;
        border-top-left-radius: 4px;
        border-top-right-radius: 4px;
    }
    .page-archive .archive-entries .archive-entry .archive-entry-body {
        clear: both;
        display: none;
    }
    .page-archive .archive-entries .archive-entry .categories {
        -webkit-box-ordinal-group: 2;
        -moz-box-ordinal-group: 2;
        -ms-flex-order: 2;
        -webkit-order: 2;
        order: 2;
        position: static;
        font-size: 3vw;
        padding: 0 5px;
        background: none;
        border: none;
    }
    .page-archive .archive-entries .archive-entry:hover:before {
        width: 0;
    }
}

カスタマイズ

単にコピペするだけだと、お使いのテーマと合わなかったり不満な点があるでしょう。いくつかカスタマイズポイントを示します。

PC表示時のバーの色と背景色を変える

バーの色の変更

通常時の色

通常時の記事の背景色は37行目、バーの色は43行目のカラーコードで変更できます。

.page-archive .archive-entries .archive-entry {
    position: relative;
    display: inline-block;
    margin-top: 1.5rem;
    margin-left: 5px;
    margin-right: 5px;
    padding: 0 5px 3rem 5px;
    vertical-align: top;
    text-align: left;
    background-color: #fff;  /* 記事背景の色 */
    -webkit-box-sizing: border-box;
    box-sizing: border-box;
    border-bottom: none;
    border-left: none;
    border-right: none;
    border-top: 8px solid #1D3557;  /* バーの色 */
    border-radius: 0;
    box-shadow: none;
    width: 45%;
}

マウスオーバー時の色

マウスオーバー時の背景色は50行目、バーの色は60行目のカラーコードで変更できます。

.page-archive .archive-entries .archive-entry:hover {
    background-color: #f0f0f0;  /* マウスオーバー時の記事背景の色 */
    cursor: pointer;
    -webkit-transition: 500ms;
    transition: 500ms;
}

.page-archive .archive-entries .archive-entry:before {
    content: ' ';
    height: 8px;
    width: 0;
    background-color: #E63946;  /* マウスオーバー時のバーの色 */
    position: absolute;
    top: -8px;
    left: 0;
    -webkit-transition: 500ms;
    transition: 500ms;
}

マウスオーバー時のアニメーションを消す

マウスオーバー時にバーの色を変えたくない場合は49〜70行目を削除してください。

スマホ表示時のタイトル行数を変える

スマホでの一覧表示時にタイトルは3行目まで表示し、4行目以降は表示されません。
タイトルの非表示


この表示行数を変えるには176行目の数値「3」を表示したい最大行数に変更します。

.page-archive .archive-entry-header .entry-title {
        -webkit-box-ordinal-group: 1;
        -moz-box-ordinal-group: 1;
        -ms-flex-order: 1;
        -webkit-order: 1;
        order: 1;
        line-height: 1.5;
        font-size: 3.5vw;
        height: calc(5vw * 3);  /* スマホでの表示タイトル行数 */
        overflow: hidden;
    }

アイキャッチの無い記事にデフォルトの画像を設定する

このカスタマイズ、スマホで一覧を見た時にアイキャッチの無い記事はこんな感じになってしまいます。
アイキャッチの無い記事一覧


なんとも言えないカッコ悪さですがCSSだけでの解決方法が思い付きませんでした……

ということでアイキャッチの無い記事にデフォルトの画像を設定するスクリプトを添えておきます。

まずは以下のスクリプトはてなブログ管理ページの「デザイン」→「カスタマイズ」→「フッタ」に貼り付けます。
フッタの設定

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.1.0/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
    $('#main-inner').ready(function() {
        "use strict";
        var pc_width = 600;
        var device = window.screen.width < pc_width ? 'sp' : 'pc';
        if (device === 'sp') {
            // ここにデフォルトの画像URLを設定
            var default_image = "http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/W/WorldWorldWorld/20170320/20170320192021.jpg?1490005253";
            var archive_entries = $('.archive-entry');
            for (var i = 0; i < archive_entries.length; i++) {
                var entry_thumb = $(archive_entries[i]).find('.entry-thumb');
                if (entry_thumb.length == 0) {
                    var link_url = $(archive_entries[i]).find('.entry-title-link').attr('href').val;
                    var $default_thumb = $('<a href="' + link_url + '" class="entry-thumb-link"><div class="entry-thumb" style="background-image: url(' + "'" + default_image + "'" + ')"></div></a>');
                    $default_thumb.insertAfter($(archive_entries[i]).find('.archive-entry-body'));
                }
            }
        }
    });
</script>

次にデフォルトで表示したい画像をはてなフォトライフへアップロードし、上記スクリプトの9行目のURLをそれに書き換えます。


するとアイキャッチの無い記事にはデフォルトの画像が表示されるようになります。
スクリプト設定後の記事一覧(スマホ)

注意事項

導入するにあたっては以下の点にご注意ください。

  • 利用するテーマはレスポンシブデザインに対応していることを前提としています。

  • またテーマによってPC版とスマホ版のレイアウトが全く同じになるものには対応していません。(スマホでもPC版の表示になります。)

  • 正常に適用されるかはご自分で確認をお願いします。

  • うまく適用されなくても当方で責任は負いません。ご利用は自己責任でお願いします。


以上、お暇があれば試してみてください。

一応いくつかのテーマでテストしています。

ご利用は自己責任ですが、うまくいかない場合は暇だったらできる限りは対応します。気軽にお声がけください。

余談

ZENO-TEALで良くない?

そうなんです。少し前に公開されためっちゃカッコよさげなテーマ『ZENO-TEAL』。
zeno-teal.hatenablog.com

これを使いたかったんですが、記事エントリーの1段落目に画像が必須であり、自分のブログでプレビューしたところトップページが残念なことになってしまったのです。

今から全記事にタイトル画像入れるのも面倒だし、デザイン性は皆無なカスタマイズを作ってみました。

松島のカフェ『ル・ロマン』でオシャレ過ぎるカフェタイム

食事 食事-仙台

こんにちは。

この前の休みに久しぶりに松島を訪れました。

お昼を食べ海鮮市場をブラブラ。奥さんが「行きたいカフェがある」ということで松島海岸駅から車を走らせること5分……

カフェ『ル・ロマン』にやってきました。
カフェ『ル・ロマン』


『ル・ロマン』は松島海岸駅から車で5分ほど、山を登った高台にあります。山の上に作っただけあってとても開けていて、1階が展望台、2階がカフェスペースとなっています。

店内は全面ガラス張り。眼下に広がるのは松島の絶景です!!!!!!!
『ル・ロマン』から眺める松島の絶景

『ル・ロマン』から眺める松島の絶景

この絶景を眺めながらお茶を楽しむ。いくら都会にオシャレなカフェがあろうとも、この絶景とのコラボレーションができるお店はそうそう無いでしょう。地方の観光地の特権ですね。


ということで『ロマンのブレンドコーヒー』(500円)と『ガレット・ママン』(600円)。た、高い。これが観光地価格…… ガレットマムとブレンドコーヒー

『ガレット・ママン』はサクサクパイに包まれた程よい甘さのアーモンドクリーム。ミルキーで優しいお味です。おいしかった!!
ガレット・ママン


絶景を眺めながらの優雅でオシャレなカフェタイムはここ松島でしか味わえません。

海鮮丼も焼きガキもいいけれど、松島ならではのオシャレカフェここにあり!ぜひ『ル・ロマン』を訪れてみてください。
ブレンドコーヒーとガレットマム

クロネコヤマトの『Myカレンダーサービス』で再配達を減らせるぞ!

Web

こんにちは。

最近はニュースで見かけない日が無いほどヤマト運輸(だけでは無いけれど)の配達員さんたちの過重労働が問題になっていますね。
www.bengo4.com

www.nikkei.com


これらの原因の一つに「再配達が多すぎる」という点が挙げられます。

その再配達を減らす手段としてクロネコメンバーズ』というクロネコヤマトの便利過ぎるサービスをこちらの記事で紹介しました。
blog.wackwack.net


クロネコメンバーズ』のサービスは上記で紹介したものだけではなく、再配達の減少に向けてさらに便利な機能『Myカレンダーサービス』を今回ご紹介します!!!

『Myカレンダーサービス』とは?

簡単に言うならば

時間指定の無い荷物配達を自動的に時間指定する

サービスです。


例えばAmazonで買い物する時、お急ぎ便だと配達時間帯は指定できません。

日曜日の夜に「これほしい!」とポチっても翌日月曜日、社畜のぼくら日本を支えるサラリーマンの私たちは仕事です。荷物が日中届いてしまったら再配達の発生です。

また、配達される荷物が自分が把握しているものだけでは無いかもしれません。「キャンペーンに当たった」「実家のご両親が仕送りしてくれた」……などなど、予期せぬ配達もあるでしょう。


そんな時に『Myカレンダーサービス』で曜日ごとに自分が在宅している時間を事前に設定しておくことで、自動でその時間帯に配達をしてくれます。

『Myカレンダーサービス』の使い方

使い方はとても簡単です。

まずはクロネコメンバーズにログインし、Myカレンダーサービスのメニューを開きます。
クロネコメンバーズ ヤマト運輸

すると曜日ごとに時間帯を指定する画面が表示されます。
Myカレンダーサービス

例えば「平日は基本的に仕事だから夜じゃないと荷物受け取れないんだよなー」という人であれば、夜の時間帯である「18:00〜」「19:00〜」「20:00〜」を指定しておくと良いでしょう。

「確認」を実行して設定内容を確認し「確定」しましょう。
Myカレンダーサービス


これだけで設定は完了です!

これでAmazonお急ぎ便など時間帯指定の無い配達が平日に発生した場合、カレンダーから指定した時間帯に配達してくれます。また、その時には以下のようにメールやLINE、アプリからお知らせしてくれます。 Myカレンダーサービス
Myカレンダーサービス


このように『Myカレンダーサービス』を使えば自分が在宅している時間に自動で配達してくれるため、再配達の回数を減らすことができますね!!!

注意!!!

『Myカレンダーサービス』の利用には注意が必要です。

それは

時間帯指定の荷物もカレンダー設定に従い配達時間が変更されてしまう

という点です。


『Myカレンダーサービス』は”配達時間の指定を自動で変更してくれるサービス”です。

そのため例えば「今度の月曜日は休みだから午前中に荷物を届けてもらおう!」Amazonでポチったとしても、Myカレンダーサービスから月曜日の在宅時間を夜間に指定していると配達時間が自動で夜間に変更されてしまいます。

ということでMyカレンダーサービスで指定した時間帯以外に荷物を受け取りたい場合は、クロネコメンバーズの『受取日時変更サービス』で受け取り時間帯を都度変更する必要があります。

受取側も配達側もハッピーに

以上、クロネコメンバーズの『Myカレンダーサービス』をご紹介しました。

世の中がどんどん便利になる中、完璧に再配達を防ぐことは難しいですがこのサービスを使うことでその回数を減らすことはできるはずです。

「会社がサービス提供してるんだから過重労働は経営の責任」という意見もあり、確かにその通りだとは思いますし、そのための料金アップも時間帯指定廃止も致し方ないでしょう。


ですが我々サービスを利用する側が協力しても良いんじゃないでしょうか。協力や責任云々をを抜きにしても、このサービスは受け取る側に確実にメリットがあり、結果配達する側の負担も減ります。

ぜひ積極的にクロネコメンバーズを利用して、互いにハッピーな荷物受取を実現しましょう!


Amazonプライムを利用すればお急ぎ便無料、時間指定便無料、送料無料、より便利にネットショッピングが楽しめますよ!(小声)

オーストラリアの『ゴールドコースト』には絶対に旅行してはならない時期がある

旅行 旅行-オーストラリア

こんにちは。

みなさん、海外旅行してますか?私はほとんどしません。直近の海外旅行は新婚旅行で訪れたオーストラリアです。
blog.wackwack.net


そこでタイトルの件です。オーストラリアの都市『ゴールドコースト』には絶対に旅行してはならない時期があります。


それは

11月中旬から12月上旬

です。


これからオーストラリアへ旅行する方に、より良い旅にしてもらうべく今回はその理由についてお話します。

世界屈指のビーチリゾート『ゴールドコースト

知らない方のために『ゴールドコースト』の概要から説明します。


海外旅行に慣れている方にとってゴールドコーストは言わずと知れた旅先ですが、私のような海外旅行に疎い人にとってオーストラリアといえば『シドニー』『エアーズロック』『グレートバリアリーフ』あたりではないでしょうか。

ゴールドコーストはオーストラリアが誇る世界でも屈指のビーチリゾートです。ゴールドコーストとは日本語で『黄金の海岸線』。名前のとおり60kmにもおよぶ美しい海岸線が広がります。
ゴールドコーストの海岸線
H.I.S - Like the World Magazineより


特にビーチの高波はサーファーにとっての天国であり、別名サーファーズパラダイスと呼ばれるサーフィンの聖地でもあります。
サーファーズパラダイス
ビーチの入り口には”SURFERS PARADISE”の文字が掲げられている

ゴールドコーストに11月中旬〜12月上旬に旅行してはならない理由

そんな観光地として有名な『ゴールドコースト』、11月中旬〜12月上旬は旅行のベストシーズンでもあります。

それでもこの時期に旅行してはならない理由、それが

Scholies(スクーリーズ)が開催される時期だから

です。


私のオーストラリア旅行では、見事これにぶち当たりました。良い思い出ではあるものの、少し悔いが残ります。第二の犠牲者を出さないためにも『Schoolies』の脅威について紹介します。

Schooliesとは?

『Schoolies』(スクーリーズ)とは簡単に言うと、

オーストラリア全土の高校3年生が集まり、数週間にわたり昼夜問わず騒ぎまくるイベント

です。


「高校最後の思い出なんだからいいじゃないか」と思います?では『Schoolie』とオーストラリアのについて次の点を確認してみましょう。

『Schoolies』には保護者も引率者もいない

高校生たちが勝手に立ち上げているイベントです。親は付いて来ないし当然学校の先生もいません。

オーストラリアは12月で卒業

オーストラリアの教育制度は高校が1年4学期制、12月中旬は卒業です。この時期はほとんど進路が決まっており、みんなもうやることはありません。

オーストラリアでは18歳から飲酒できる

オーストラリアは18歳から飲酒できます。そしてやってくるのは高校3年生。半分以上が合法的に飲酒できます。
世界各国の飲酒の許される最低年令

高校生は親の金でやってくる

ゴールドコーストは屈指のビーチリゾートで、ホテル代も馬鹿にはなりません。特にゴールドコーストのホテルは基本的にクレジットカードを持っている(=社会的信用がある)ことが、宿泊できる前提条件になります。

そんな高級な場所に高校生がなぜ泊まれるのか。それは親のクレジットカードを借りてくるからです。なぜ親がそんな金のかかる遊びを支援してくれるのかと言えば、彼らの親も同じように『Schoolies』でハメを外したからです。強制できないのです。


これらを見てどう感じるでしょうか。私に言わせればSchooliesとはつまり、

卒業も決まり酒も飲める好奇心旺盛な高校生が、何の制御装置も無く騒げるイベント。

ここまで聞けば何かしら危険な香りがしてきますよね?

Shooliesが旅行者にもたらす脅威

そんなSchooliesが旅行者にとってどんな脅威をもたらすのか。具体的にお話します。

ゴールドコーストの街は小さい

世界屈指のリゾート地であるゴールドコーストですが、ホテルやお店が並ぶ中心地”サーファーズパラダイス”は半径数kmの小さな街です。

そこにオーストラリア全土の高校3年生が集まるんですよ。人口密度が異常です。

街中に高校生(とはとても思えないブロンドのお姉さんと筋肉野郎)が溢れています。静かさとは無縁、落ち着く暇もありません。


私が旅行した時は狭い街中をパトカーとカーチェイスしている車がいました。

そして貼り出される「Police」のテープ。

オーストラリアって治安が良いって聞いてたんですけど……
ゴールドコーストの警察

魔物が牙を向く夜の街

そうは言っても昼間は明るく陽気な雰囲気もあり、ティーンエイジャーがいても慣れてしまえば問題ありません。

大問題は夜です。

みなさん、夜することと言ったらなんですか?そう、飲酒です。


先ほど述べたとおりオーストラリアでは高校生でも合法的に酒が飲めるようになります。

そして時はSchoolies、街のクラブやビーチではパーティーが開かれます。

そこで酒を飲み全てが開放された戸愚呂100%筋骨隆々のオーストラリアの高校男子。


街のそこかしこでパーリピーポー化。取っ組み合いのケンカも大盛況です。それを分かっていて警官がそこら中に配置され目を光らせています。

こうなってしまってはとても街を歩く気になりません。いつどこで頭空っぽの夢詰め込めた奴らに絡まれるか分かりません。食事を済ませたら一刻もはやくホテルに帰りたい、その一心です。

”バーでお酒をたしなみつつ夜のビーチで心地よい風に当たる”など夢のまた夢です。夜のゴールドコーストにあなたの居場所はもうありません。

Schooliesをもっと知る方法

ここまで説明してきましたが、なかなかイメージがつかない人もいるかも知れません。

簡単な方法があります。Googleで「Schoolies」の画像検索をしましょう。リンクを載せておきます。
schoolies - Google 検索

検索した方はお分かりになったのではないでしょうか。めっちゃ羨ましい大変けしからん画像が大量に出てきますね。
Schooliesの検索結果

こいつらが街中に溢れているのが『Schoolies』。田舎者から見た歌舞伎町、どころのレベルじゃない。もう世紀末。

というかこの画像の人たち全員17、18歳ですからね。外人まじ怖い。

ゴールドコーストは良いところだから良いタイミングで行きましょう

以上、実体験を交えて「ゴールドコーストには11月中旬から12月上旬に旅行してはいけない」お話でした。

私はこんな経験をしても、胸を張ってゴールドコースト、本当に素晴らしいところでした!!」と言えます。

だからこれから行くみなさんは、万全の状態のゴールドコーストを楽しんでいただきたい。

そうすれば想像を超える素晴らしい思い出ができるでしょう。

最高のコンビニ弁当・セブンイレブンの『ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)』について語ろうか

食事

こんにちは。

コンビニ弁当、どんどん美味しくなっていきますよね。企業努力とテクノロジーの進化に畏敬の念を抱かずにはいられません。

年々激化するコンビニ弁当界において私が大好きな弁当があります。それがセブンイレブン

ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)

であります。

ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)
ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯) - セブン-イレブン~近くて便利~


今日はこの『ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)』を私がいかに好きか、美味しいかを語ります。

『ねぎ塩豚カルビ弁当』がなぜ好きなのか

人生で一番!とは少し違う

正直に言って「好きな食べもの何?」と聞かれて『ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)』を挙げることはまずありません。麻婆豆腐とか寿司の方が好きだからです。

よくある「1日3食でもいい!」「昼ごはんは毎日これ!」「おやつ代わりでもいける!」などと言うものでもありません。これ毎日食ったら飽きます。あと豚になります。

いつも変わらない”あの味”

じゃあ『ねぎ塩豚カルビ弁当』の何が好きなのか?正確に言えば私はこの弁当が好きというよりも、これまでの人生でこの弁当が好きだと認めざるを得ないのです。


それは「いつ何時食べても常に変わらない美味しさである」という実体験。

”いつ何時”というは「春でも夏でも」とか「朝でも夜でも」とかそんなレベルではありません。まぁそれもあるけど。

10歳の私、15歳の私、20歳の私、30歳(手前)の私。これまでの全世代の私が食べ続け、食べる度に必ず「うん、うまい」と感じる。これこそが私が『ねぎ塩豚カルビ弁当』が好きだと言える根拠です。


私が小中学生の頃、休みの日には親に「お昼好きなの買ってきな」とお金を渡され近くのセブンイレブンでお弁当を買うことが、たまーにありました。普段はお母さんが作ってくれてそれはもちろん美味しいのだけど、だからこそたまに食べる“既製品“にワクワクしました。そんな中で悩んで結局選ぶのが『ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)』だったわけです。

それから20年近くたった今、仕事のお昼休みにコンビニの日もあります。近くのセブンイレブンでどれにしようかな~と迷って、結局買うのも『ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)』。

そう、この「ねぎ塩カルビ弁当」はリニューアルし続けるパスタや新進気鋭のチルド弁当などに比べて地味です。でも昔から変わらず存在し続ける言わばレジェンド。当然改良はされているのでしょうが、食べた時の根本的な感覚は昔も今も変わらない。変わらないこの味こそ至高。

『ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)』のここが凄い

とは言っても「うまいうまい」と連呼するだけでは説得力が無いですね。

普段は「うまいうまい」しか考えていないのですが、振り返ってその魅力を言語化してみます。

塩ダレの絶妙なバランス

塩ダレ

この塩ダレとにかくあらゆる面でバランスが完璧なんです。その味は薄すぎず濃すぎない。だから最後まで飽きずにパクパクと食られるし、少食の私でも胃が重たくならない。

さらにタレの量。気持ち多めで、米粒がひたひたになるくらい。だからサラサラっと口にかき込んで食べれる。重くないけどガツガツいける、この絶妙なバランスを生み出すのが塩ダレです。

薄い豚カルビ

豚カルビ

続いて豚カルビ。これがとっても薄いんです。それが悪いってんじゃないです。むしろ薄いから良い。この薄さが食べやすい。米を包んで食べるのに包みやすいし食べやすい。

ほんのり焦げ目が付いた見た目もGOOD!食欲をそそります。

ねぎの存在感

ねぎ

パラパラっと降りかかっているねぎ。これが馬鹿にならない。

少し粗めに切られたこのねぎ、一口に2、3回「シャキ」っという食感がくるんです。これがやわらかい弁当にあって抜群のアクセントとなります。

麦飯

麦飯

そしてこれ!商品名に付いちゃうくらいですからね。もはや豚カルビは脇役で麦飯が主役でしょう。

麦飯なんて普段食べないんですがこの弁当は麦飯以外に選択肢はあり得ない。あの「プチプチ」っとした歯ざわりがたまらない。

そして”なつかしさ”。小学校の給食でたべたあの麦ごはん。コンビニ弁当でありながら昔ながらの”あの味”を演出する麦飯こそ、ジャスティス!!!!

ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)に栄光あれ!!

ということで『ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)』について語りました。

ですが文章が下手なこともあって、なかなか熱い思いを伝えきれなかったように感じます。

だから皆さん、今すぐお近くのセブンイレブンに行ってこの弁当を食ってください!!今すぐです!!

安心してください。昼でも夜でも、夏でも冬でも、10歳でも30歳でも、いつでもうまい、それが『ねぎ塩カルビ弁当(麦飯)』。

ねぎ塩カルビ弁当(麦飯)に栄光あれ!!

ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)

コンビニ弁当16万キロの旅―食べものが世界を変えている

コンビニ弁当16万キロの旅―食べものが世界を変えている