3つの映画『スパイダーマン』は何が違う?シリーズの特徴を比較してそれぞれの魅力を紹介!

こんにちは。

最も有名なアメコミヒーローの一人、スパイダーマンスパイダーマンはこれまでに

と、3シリーズ計6作品が映画化されています。

シリーズ間のつながりは全く無いので、基本的にはどれから見ても問題はありません。


しかしそうは言っても、どれが面白いのか、自分に合うのか、と考え出すとなかなか悩んでしまいます。

そこで今回は3つの映画『スパイダーマン』の違いをまとめてみました。作品ごとの特徴を把握して、一番見たいと思うスパイダーマンシリーズを楽しみましょう。

※作品ごとの細かい比較説明には若干のネタバレを含みます。見る前に深いところまで知りたくない人は、表だけ見て戻ってくださいね!!

スパイダーマンシリーズの概要

比較の前に、各シリーズの簡単な概要から説明していきます。

スパイダーマン

スパイダーマン (字幕版)

いわゆるサム・ライミ版のスパイダーマンで、21世紀のCG技術を駆使して大成功を収めたシリーズです。この作品の成功があったからこそ、アメイジングMCU版が作れたと言っても過言ではありません。

初の本格映画化ということもあり、スパイダーマンとして力を手に入れる経緯やヒーローとして目覚める”あの事件”も描かれます。


興行的に大成功を収めた一方で、3作目の『スパイダーマン3』が大人の事情(という噂)でお腹いっぱいの中途半端な内容になってしまったり、『スパイダーマン4』の計画が頓挫してしまったりと非常に惜しいシリーズでもあります。

アメイジングスパイダーマン

アメイジング・スパイダーマン (字幕版)

いわゆるマーク・ウェブ版のスパイダーマンです。

サム・ライミ版の『スパイダーマン4』が頓挫したことで、

「よっしゃ!もう一回仕切り直したろ!」

とリブートをかけた作品。


……だったのですが、初代スパイダーマンの評価が非常に高く、前作と比べて批判されることも多いようです。確かに前作に比べてピーターのリア充感が凄く、ヒロインとの恋愛要素が多すぎたりと、

「俺たちの思ったスパイダーマンじゃない……」

感はあります。


しかし、さらに進化したCG技術を駆使したアクションシーンは必見です。特にニューヨークの街をウェブスウィングで飛び回る映像や、ヴィランであるエレクトロのアクションは、全シリーズの中でも群を抜いて見ごたえがあります。


残念ながら「興行成績が良くない」という理由で、このシリーズも『アメイジングスパイダーマン2』で打ち切られてしまいました。

MCUスパイダーマン

スパイダーマン:ホームカミング (字幕版)

2018年の現時点で進行しているのが『スパイダーマン:ホームカミング』から始まる、MCUマーベル・シネマティック・ユニバース)版のスパイダーマンです。

こちらはマーベルのヒーローたちがクロスオーバーして戦うアベンジャーズの一員として登場します。


サム・ライミ版とマーク・ウェブ版で、スパイダーマンは世界的にも認知されたため、スパイダーマン誕生の経緯などはガッツリ省略されています。

実際、MCU版のスパイダーマンが初めて登場するのもシビル・ウォー/キャプテン・アメリカという、他のヒーローが主役の作品です。


世界的大ヒットのMCUシリーズということもあり、サム・ライミ版やマーク・ウェブ版とは異なり暗い話や後味の悪い展開が少なく、見る側の対象年齢が下がっている感じがします。

しかし主役のトム・ホランドの童顔もあいまって、シリーズの中ではピーター・パーカー最も高校生らしく、原作のスパイダーマンのイメージに近い作品だと思います。

スパイダーマンシリーズの比較表

これがスパイダーマンシリーズの比較表だ!!!!

スパイダーマン アメイジングスパイダーマン MCUスパイダーマン
作品数 3 2 1
公開年 2002年/2004年/2007年 2012年/2014年 2017年
監督 サム・ライミ マーク・ウェブ ジョン・ワッツ
主演 トビー・マグワイア アンドリュー・ガーフィールド トム・ホランド
容姿 理系オタク リア充 幼い
性格 落ち着いている リア充 少年
作品の雰囲気 暗い ちょっと暗い 明るい
ガジェット ない ある ある
オリジン ある ある ない
ヴィラン グリーンゴブリン/ドクター・オクトパス/ヴェノム/サンドマン リザード/エレクトロ/グリーンゴブリン/ライノ バルチャー
べんおじさん いる いる いない
メイおばさん おばあちゃん おばさん エロい
親友 ハリー ハリー ネッド
ヒロイン MJ グウェン リズ

スパイダーマンの詳しい違い

ここからは表に示したシリーズごとの違いについて、もう少し詳しく言及します。なお、シリーズの呼称は以下の通りとします。

作品数

初代 初代のスパイダーマンが最も多く3作品となっています。こちらは続編が期待されていましたがいろんな大人の事情で打ち切りになってしまいました。

アメイジング アメイジングスパイダーマン2作品。こちらも本来は3作まで続く予定でしたが、興行収入や世間の評判が思わしくなく、打ち切りという形になってしまいました。

MCU 2017年に1作目の『スパイダーマン:ホームカミング』が公開され、2019年に2作目の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が公開予定です。

何作まで続くのかはわかりませんが、個人的にはMCUの実績からし3作目まで公開される可能性が高いと思います。

公開年

初代 2002年からの公開です。21世紀の最新CG技術を駆使したことで実写化不可能と思われた、縦横無尽にニューヨークを飛び回るスパイダーマンの映像化に成功しました。

アメイジング 初代スパイダーマンの3作目から5年後の2012年に、リブート作品として公開されました。

CG技術が更に進化しており、ニューヨークの摩天楼をウェブスウィングで駆け回る映像は凄まじい臨場感です。

MCU MCUの16作品目として2017年に公開されました。

本作の特徴は何と言ってもMCUの一つという点です。単独作品だけではなく、本作の前後で他のマーベルーヒーローと共闘するスパイダーマンを楽しむことができます。

主演

初代 トビー・マグワイアは1作目公開当時27歳スパイダーマンを主演したことで人気を不動のものとしました。

アメイジング アンドリュー・ガーフィールドは1作目公開当時29歳アメイジングスパイダーマンでヒロインを演じた女優とプライベートでも交際しています。

MCU トム・ホランドは1作目公開当時21歳。3人の中で最も若く、一番高校生に見えます。

容姿

初代 わかりやすいほど理系のオタク

だからこそスパイダーマンの力を手に入れてからの劇的な変化が、見ていて楽しいし爽快です。

アメイジング ピーターの人となりは原作に沿って理系のオタクなんですが、高身長でイケメン、暴力にもNoと言って弱者の助けに入るなど、リア充感が隠せていません。

「俺らの知ってるピーターじゃない……?」感がハンパない。

MCU 他のシリーズと比較して非常に幼く見えます。そもそもトム・ホランド自身が童顔ということもありますが、高校生という年齢設定を考えれば一番原作イメージに近いとも言えます。

性格

初代 落ち着いています。力を手に入れた後もそこまで調子に乗ることは少なく真面目です。

戦闘中もあまり無駄話はしません。

アメイジング 初代と比較して、かなり調子に乗ります。人前でキスとか平気でするようになってしまいます。力を手に入れる前から隠せていなかったリア充感は本物でした。

ただし戦闘中にぺちゃくちゃ喋る点だけは、前シリーズよりもスパイダーマンっぽい気がします。

MCU こちらは容姿のとおり無邪気な少年です。学力コンテストサークルで仲間と活動し、恋にもちょっと興味がある。さらにスパイダーマンの力で悪者をやっつけたいという純粋無垢な少年の心。

戦闘中にやたらと喋ったり、ちょっと失敗しちゃったりするのもスパイダーマンっぽい。

作品の雰囲気

初代 3シリーズの中では一番暗い雰囲気です。

ヒロイン(MJ)はいっつもさらわれるし、スパイダーマンと生活の両立は大変だし、親友には大きな誤解をされて恨まれるしで、常にトラブルがつきまといます。

アメイジング 主人公からあふれるリア充感もあり、初代に比べれば雰囲気は比較的明るいです。ヒロインとのイチャイチャは見てられません。

しかしこっちもこっちでピーターの両親失踪の秘密や、やがて訪れる悲劇など、最終的なインパクトは初代よりも大きいかもしれません。

MCU これまでのシリーズと比べても明るく前向きな雰囲気です。MCUの1作ということもあり対象年齢が少し低めに設定してある気がします。

ピーター自身が無邪気な少年であり、親友のネッドとはずっと仲良し。さらに同じヒーローであり理解者であるアイアンマン(トニー・スターク)の存在が大きく、孤独感を感じることはあまり無いように見えます。

ガジェット

初代 天才レベルの理系であることは変わりませんが自分で作るものはスーツだけで、ウェブの能力も蜘蛛由来で手首からシュルッと出てきます。

アメイジング ウェブはオズコープ社が開発したものを盗用し、ウェブシューターも自作しています。

MCU ウェブもウェブシューターも全て自作です。さらにトニー・スタークが開発したスーツにはAIや強力な武器が備わっており、これまでのシリーズで最も多彩な能力を持っています。

オリジン

初代 いかにしてスパイダーマンの能力を手に入れたか、そしてヒーローとして目覚めたかが描かれます。

有名なセリフである

「大いなる力には、大いなる責任が伴う」With great power comes great responsibility

も登場します。

アメイジング 展開は若干異なりますが、初代とほとんど同じプロットで描かれます。

MCU 力を手に入れた経緯やべんおじさんの件は一切描かれません。既にスパイダーマンとして活動しているところから話が始まります。

前2シリーズで同じような形でオリジンが描かれているため

「3番煎じをする必要も無いでしょ?みんな知ってるでしょ?」

ということでバッサリカットされています。

ヴィラン

初代 3作品あるので登場ヴィランも多いです。個人的に1と2は良かったものの、3では複数のスーパーヴィランを登場させたことで非常に中途半端になってしまったのが残念です。

特にマーベルヴィランの中でもトップクラスに人気のあるヴェノムの扱いがもったいないと感じました。

アメイジング ライノはおまけみたいなものなので、実質3人のヴィランと戦います。

特にエレクトロの力がまぁ半端じゃない。力の使い方やアクションの魅せ方は全シリーズの中でも最高にシビレます。

MCU これまでのシリーズには出ていないバルチャーが登場します。ただしこれまでとは異なり、肉体改造されていない純粋な兵器のみで戦うヴィランです。

ベンおじさん

初代 おじさんというより、おじいちゃんです。

アメイジング 初代から少し若返っています。おじさんです。

MCU オリジンが無いためべんおじさんは登場しません。

そのためこのシリーズでは、トニー・スターク(アイアンマン)がピーターの父親代わり、心の支えを果たしています。

メイおばさん

初代 おばさんというより、おばあちゃんです。死ぬほど怖い目に合っても毅然としているのはさすがです。

アメイジング 初代から若返り、おばさんになりました。

MCU アメイジングからもっと若返り、しかもエロい。豊満ボディにタンクトップ一枚で部屋をウロウロします。


「俺らが知ってるメイおばさんじゃない……(ゴクリ)」

親友

初代 原作通り、オズコープ社の社長ノーマン・オズボーンの息子、ハリー・オズボーンが親友です。

しかしいつの間にかMJとちちくりあってる腹黒でもあり、あれだけ嫌がっていた父親がいつの間にか大好きになっているファザコンです。しまいには勘違いで闇落ちしてしまう困ったくんです。

アメイジング 初代と同じくハリー・オズボーンが親友です。初代のハリーは一見いい奴に見えましたが、こちらのピーターは初見から闇属性です。

いいキャラしていますが、アメイジングスパイダーマン2から出演かつ終盤のとある出演シーンは無理矢理感があって、何か中途半端な感じです。

MCU 学力コンテンストサークルの仲間で、同じサブカルオタクのネッドが親友です。

これまでのハリー・オズボーンと異なり、イケメンでもないし太っちょくんです。

でもめっちゃいいヤツ。前2シリーズのピーターとハリーは「なんでコイツら仲いいの?」と思うほどの微妙な感じでしたが、このピーターとネッドは息の合い方も完璧でまさに親友。

しかも闇落ちしないので安心して見れます。

ヒロイン

初代 スパイダーマンのヒロインと言えばこの人、MJ(メリー・ジェーン・ワトソン)です。

はっきり言ってクソ女です。男がいないと生きていられず、息をするように男を乗り換えていきます。しかも「自分が浮気するのはしかたないけど、相手が浮気するのは絶許」です。


そして常にさらわれます。シリーズ3作目には、

「毎回このパターンかよ!ピーチ姫かよ!!!」

と叫ぶことでしょう。ただしクソ女である以外は、シリーズの中では最もヒロインらしい立ち位置な気がします。

アメイジング 初代ではちょい役で出ていたグウェン・ステイシーがヒロインです。

ピーターよりも頭が良く、学校一の頭脳の持ち主にして警察のお偉方の家系。そしてブロンドの美人と、全てを手に入れた絶対的勝ち組です。


ピーターとのイチャコラシーンはシリーズ中でも群を抜いて多く、正直ピーターとグウェンの互いに好きすぎるが故に正反対の行動をしてしまうバカップルっぷりを見ているのが辛い。

「俺たちはバカップルじゃなくてスパイダーマンを見たいんだ……」

と感じます。

MCU リズ・アランがヒロインですが、高身長で抜群のプロポーションはとても高校生には見えません。事実ピーター(トム・ホランド)よりも身長が高い。どう見てもスクールカースト最上位ですが、ハリーやネッドとといった面子と学力コンテストサークルに参加するという徳の高そうな人物です。

これまでのシリーズのヒロインとは異なり、存在感はそれほど大きくありません。ピーター=スパイダーマンということももちろん知りません。

ピーターの行動にきっかけを与える人物ではありますが、スパイダーマンとして直接関わることは無いので、これまでのシリーズと比べても作品全体で恋愛要素が非常に少ない。

この辺からも対象年齢がぐぐっと下がっていることがわかります。

シリーズごとの「こんな人におすすめ」

以上の比較をざっくりとまとめると、各シリーズはそれぞれこんな人にオススメします。

初代

という人。

アメイジング

  • 「恋愛要素多めでイケメンスパイダーマンが良い!」
  • 「すっごいアクションが見たい!!」
  • 「クソ女は見たくない」

という人。

MCU

という人。

さあ、スパイダーマンを見よう

以上、初代スパイダーマンアメイジングスパイダーマンMCUスパイダーマンの3シリーズを比較、紹介しました。

映画『スパイダーマン』はシリーズごとに違った良さがあり一概に「これが一番!」とは言えません。

こちらの比較を参考に気になったものから見始めて、最終的に全て見ていただけると嬉しいです!!