ごちゃごちゃしたタップ周りをなんとかしたい!J & LのUSB電源タップで解消だ!!

こんにちは。

IOT(Internet Of Things)の急速な発展により、家の中は家電製品で溢れています。

我が家もご多分に漏れずリビングにはたくさんの家電が設置されています。我が家のそのリビングの一角は……

ごちゃごちゃしたタップ周り

き、汚ねぇ……

この写真のカオスを形成するのは以下の機器たちです。


あまりにも汚いので、Amaonプライムセールで割引きされていた『J & L USBコンセント 電源タップ』を購入し、このごちゃごちゃの解消を試みました!

今回は現状の問題点とそれを解決したUSB電源タップのオススメポイントをご紹介します。

現状の問題点

まず、そもそもなぜこんな状況になっているのかを考えます。

タップの口が足りていない問題

まずはこれです。

私がこの一角で利用している充電している機器は7つ。それに対して利用しているタップの口は4つ。

……

そもそも使っているタップが悪いんじゃないかって?私もそう思います。

ですが、例えば通常の8口タップは横にめっちゃ長いですよね。横長のタップを置くにもスペースの問題が生じます。

ACアダプタでかい問題

続いてACアダプタでかい問題。

プラグが直結しているACアダプタがあると、タップの隣の口を潰してしまいます。私の場合は例えばAmazon EchoやPC(MacBookAir)がそれに当たります。 "でかいACアダプタ"

すると、ただでさえ少ないタップの口が死んでしまい、小さいタップを活躍させるハメになります。
"小さいタップに頼らざるを得ない"

USB給電機器が多い問題

近年はスマートフォンだけではなく、スマートウォッチや電子書籍リーダーなどのUSB給電型の機器が増えています。

USBで給電する場合は以下のどちらかのパターンになるかと思いますが、どちらを取っても口が足りないという問題が発生します。

  • ACアダプタ→USBケーブルで給電 =少ないタップのコンセント奪い合い
  • 他機器(PCなど)のUSBポート→USBケーブルで給電=少ないUSBポートの奪い合い

その結果、私のリビングでは「ACアダプタ→USBハブ→USBケーブル」という地獄絵図が誕生しました。
"USB給電の地獄絵図"

J & L USB電源タップのここがオススメ

これらの問題を解決するために購入したのが『J & L USBコンセント 電源タップ』です。

USB電源タップ外装

ここからはこのUSB電源タップのオススメポイントを紹介します。

コンパクトな8つの電源ポート

ACコンセント4つ + USBポート4つ、合計8つの電源ポートが備わっています。

これまで使っていた4つ口から倍になりました!!

さらに最大のポイントが「横長ではない、コンパクトな形状で場所を取らない」という点です。これは次のポイントにもつながるのですが、これによりタップ自身で場所を取ることがなく、コンパクトにたくさんの機器を充電することができます。

ACコンセントを無駄なく使える

この電源タップ最大のポイントがここだと思っています。

ACコンセントが上向きで、隣の口との間隔が十分に空いているため、タップの口の奪い合いが起こりません。全てのコンセントを無駄なく使えます。
上向きのACコンセント

従来の横長タップで口を増やす場合、タップが長くなり場所を取ってしまいます。しかしこの電源タップはACコンセントが上向きであることから、タップ自体のサイズもコンパクトなままです。

USB給電ケーブルが直挿しできる

USB給電コードが直挿しできます。これもACコンセントの奪い合いを防ぎます。
USBポート

J & L USBコンセント 電源タップでごちゃごちゃを解消!

以上のポイントを持つUSB電源タップを導入した結果、我が家のリビングのごちゃごちゃはこのようになりました!
ごちゃごちゃが解消された

なんか、きれいになった気がする!

ケーブルの取り回しなど課題は残るものの、タップの口を有効に使い、これまで使っていた小さなタップやUSBハブを排除することができました。


以上、J & Lから発売のUSB電源タップの紹介でした。

カラーは「黒」「白」とありデザインもシンプルで使いやすいです。ぜひご家庭に一台導入してみてください!