東京旅行3日目~やってきたぜ!東京スカイツリー~

スポンサーリンク

こんにちは。

今回は東京旅行3日目(最終日)の様子をお送りします。

1日目と2日目はこちら。

blog.wackwack.net

blog.wackwack.net

さよなら築地

3日目。この日はもう帰るだけ。

でも東京(非現実)に未練タラタラの私たちは、まだまだ粘る!!そう、築地の朝ごはんである!!

この日は特定のお店を決めずに朝市を食べ歩く作戦。

シュウマイ。でかい!肉厚!うまい!の三拍子そろった完璧さです。
シュウマイ

もろこし揚げ。揚げたてでホクホク。昔お母さんが揚げてくれた天ぷらを思い出します。
もろこし揚げ

まぐろと中とろの寿司2貫。しかもお値段たったの500円。こういうのを見ると朝市って感じがしますね。
まぐろと中トロ

まぐろと中トロ


あとは肉まんを食べたはずなんですが、写真撮り忘れていました。

朝市感を楽しんだ私たちですが、実はこの日(日曜日)は築地市場がお休み。そのため開いているお店も少なく、前の日に見つけた「明日これ食べたい!」と思ったものがありませんでした。……残念!!

と、するとあのマグロと中トロも昨日の残り物!?

いざスカイツリー

泣く泣く築地を後にした私たちは、1日目に登れなかった『東京スカイツリーにやってきました。さらにこれで東京滞在中、毎日浅草にやってきたことになります。なんという計画性の無さでしょう。

チケットのお値段

今回はバッチリ事前予約をしていたため、チケットもスムーズに受け取ることができました。

350mの展望台とさらにその上、450mの天望回廊のセットです。
チケット

お値段一人3,600円。

みなさん、この値段どうですか?私は正直「高っ!!」と思ってしまいました。

しかし日本人はもちろん、外国人観光客で賑わう東京スカイツリー。その人たちを完璧に誘導するため、敷地内の至る所にスタッフが配置されています。しかも英語、中国語は余裕で喋っているようでした。

これだけの人員が必要と考えれば、この値段は妥当なのかもしれません。

エレベーターも楽しい

この日も激混みのスカイツリー。展望台に上がれるまで30分ほどかかりました。

上りのエレベーターは3機あり、それぞれエレベータ内の装飾が異なります。こちらは私が登場した夏の花火をイメージしたエレベーター。とってもキレイです。
エレベーターの花火

展望台!

いよいよ展望台に到着しました!360度から東京の街並みを見下ろせます!
東京の街並み

天気が良ければスカイツリーの陰」にもお目にかかれます。
スカイツリーの陰


これが350mからの眺めで、さらに450mの天望回廊まで上がったのですが……高さは増しているものの、見える景色が一緒なので「そこまで違わない」というのが正直な感想でした。


こちらは下に降りる前に見られる「ガラス床」
ガラス床

うーん……小さい。

正直もっと広くガラス張りなのかと思っていました。強度の問題もあるのでしょうが、楽しみにしていた分残念です。

東京の街並みって

東京スカイツリーに登った率直な感想は、

東京の街並みって、高いところから見ても面白くないかも

でした。


360度見てもビル!ビル!家!家!ビル!家!川!くらいなんですよね。

超高層階で眺めはいいはずなのに、あまり目新しさが無いんです。

新婚旅行でゴールドコースト『Q1』というビルの高さ235mの展望台に行きました。高さは東京スカイツリーより低いのですが、その景観はこちらが圧勝でした。
Q1展望台

長い海岸線と町を貼り巡る運河、立ち並ぶ高層ビル。地上からでは気づきにくい、自然と人工物が美しく織りなす景観がそこにはありました。

残念ながら東京スカイツリーは「高い!」に1点集中してしまった印象です。(まぁどうにもならないことなんですが。)

朝一がオススメ!

とは言え、日本で一番高い展望台『東京スカイツリー』。一度は行ってみる価値があります。

そんな東京スカイツリーに行くなら、おすすめの時間帯は朝一です。

私たちのように昼前の時間帯は激混みです。知人の話では「朝一の時間であれば当日券でも余裕」とのことでした。

東京スカイツリーへは計画性を持って行きましょう!

さよなら東京

以上で東京観光の全日程終了です。

帰りに駅弁の天むすを買って、新幹線に乗り込みました。
天むす


これまで何度も東京に来ていますが、今回はどれも初めての体験でした。

やっぱり東京はたくさんの美味しいもの、楽しいもので溢れていますね。

次はどんな「私が知らない東京」と出会えるのか、今から楽しみです!

ジョイパレット 1/1000 東京スカイツリー

ジョイパレット 1/1000 東京スカイツリー