岩手旅行2日目その1~日本三大鍾乳洞『龍泉洞』は神秘のきらめき~

スポンサーリンク

こんにちは。

今回は6月上旬の岩手旅行2日目の様子をお送りします。

前回の記事はこちら。 blog.wackwack.net

2日目は盛岡から岩手県岩泉町の龍泉洞を経由して、宮古市を目指しました。

岩手が誇る湖『岩洞湖』

龍泉洞への道すがら、『岩洞湖』へ立ち寄りました。

レストハウス


岩洞湖は盛岡市内から車で約1時間ほどの場所にある、山中の湖です。

ここは何と言っても冬のワカサギ釣りで有名です。本州でも最も寒い場所(記録ではマイナス30度以上)でもあります。


私自身、ワカサギ釣りにはよく出かけていましたが、湖面が凍っていない岩洞湖はこの日が初めてでした。
岩洞湖

静かな湖面です……天気が良ければなぁ。

妻は「なんか不気味だね」と言っていました。


天気が良い日にドライブに、冬はワカサギ釣りに出かけてみてください!

ただし冬は道路がツルツルの山道を走りますので、雪道運転に慣れていない人はご注意を。

日本三大鍾乳洞龍泉洞

岩洞湖を後にして、途中に廃校を再利用した道の駅に立ち寄りました。
道の駅

そうしていよいよ岩手県岩泉町の龍泉洞に到着です!

龍泉洞の看板

龍


龍泉洞』は高知県土佐山田町『龍河洞』山口県秋芳町秋芳洞と並ぶ、日本三大鍾乳洞の一つです。

大学時代を岩手で過ごしたにもかかわらず、初訪問です。


外には龍泉洞からの清流が。
清流

恋人たちの聖地らしいです。理由は謎。
恋人たちの聖地


入場券(1,000円)を購入して、中へ入ります!
入場券

入り口


洞内の気温は常に10度前後。この日は外気温とさほど変わりませんでしたが、夏に薄着で行くのは要注意です!!
気温


くら~い洞内。イマイチな写真しか撮れていませんが、洞窟を奥へと進んでいきます。
鍾乳洞

鍾乳洞

鍾乳洞


ここが一番の見所!第一地底湖です。
第一地底湖

第一地底湖

上から。
第一地底湖


私のへっぽこ撮影技術で美しさを伝えきれないのが残念ですが、本当に美しい!

ちなみに龍泉洞内では第4地底湖まで見つかっており、今も調査が進められています。水中で繋がっているので、観光できる日は来ないかもしれませんが、まさに自然の神秘。ディ○ニーのような作り物ではない、本物の洞窟がここにはあります!

生きているうちに、ぜひ1度は『龍泉洞』を訪れてください!!

ただし、次のことに注意した方が良いです。

温かい服装で

「夏に涼みにいこ~」というノリで行くと風邪ひきます。防寒着を着ましょう。

歩きやすい靴で

中の道はある程度舗装されていますが、常に水が滴っており非常に滑りやすくなっています。

また鍾乳洞の形に合わせてルートができているため、かなり登ったり下ったりします。
階段

歩きやすい靴で行きましょう。

カメラは首にぶらさげる

カメラを下に落としたら二度と戻ってきません。

特にスマホで撮影する方は、ネックストラップのようなものをつけることをおすすめします。

『北側食堂』で海鮮どーん!

お昼は岩泉町のお隣、田野畑村『北側食堂』で海鮮丼をいただきました。

f:id:WorldWorldWorld:20170609232508j


いただいたのは海鮮丼(1,050円)!海鮮ネタが9つ!
海鮮丼

これがね、新鮮!!身も厚く旨さ爆発です。
海鮮丼

味噌汁にはホタテが!!ホタテそのものはもちろんですが、汁にもホタテのエキスがガッツリ出ていました!
ホタテの味噌汁

これで1,050円って安すぎないか!!!???

大満足のお昼ごはんでした。



以上、2日目その1でした。

後半はまた次の記事でお送りします。

龍泉洞の水 2L×6本

龍泉洞の水 2L×6本

龍泉洞珈琲(オリジナル) 190g×30本

龍泉洞珈琲(オリジナル) 190g×30本

岩泉町龍泉洞 公式観光ガイドブック

岩泉町龍泉洞 公式観光ガイドブック

  • 作者: 東北レジャー情報
  • 出版社/メーカー: エムジー・コーポレーション
  • 発売日: 2007/05/10
  • メディア: 大型本
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る