すぐそこにある凶悪 映画『凶悪』の感想

スポンサーリンク

こんにちは。

Huluで山田孝之主演の映画『凶悪』を観ました。

凶悪

凶悪

映画を観ての感想は、


ま さ に 凶 悪。


何と言っても山田孝之ピエール瀧リリー・フランキーの3人の演技がハンパじゃない。特にピエール瀧リリー・フランキーそれぞれの凶悪さは圧巻です。

実在の事件『上申書殺人事件』がモデルとなっており、「何も考えず褒め称えるのも不謹慎かな」と思いつつ、やっぱりおもしろい!

ということで感想を綴ります。

※以下ネタバレ注意

あらすじ

ある日、ジャーナリストの藤井(山田孝之)は、死刑囚の須藤(ピエール瀧)が書いた手紙を持って刑務所に面会に訪れる。須藤の話の内容は、自らの余罪を告白すると同時に、仲間内では先生と呼ばれていた全ての事件の首謀者である男(リリー・フランキー)の罪を告発する衝撃的なものだった。藤井は上司の忠告も無視して事件にのめり込み始め……。

(シネマトゥデイより)

感想

キャスティングの大勝利

この映画の何がすごいってキャスティングです。

事件を追う主人公、ジャーナリストの藤井を演じた山田孝之。表情こそほとんど変えませんが、あの目力で観る者を圧倒します。さらに”真っ白な正義”ではなく、どことなく”狂った正義”を持っていそうな、汚れ感のあるジャーナリスト役がバッチリはまっていました。


次にある意味真の主人公、人を殺すことに何の躊躇もないまさに”凶悪”を体現した存在。暴力団員で死刑囚の須藤を演じたピエール瀧。もうね、とにかくね怖い。

まずあの顔面。怖すぎる。でかすぎる。もう本物のソレにしか見えません。あ、これ一応褒めてますからね?

そして全身から滲み出る凶悪感。体もでかい、確実に強い。「こんな奴と関わり合ったら絶対殺される……」そう感じずにはいられない恐ろしさがあります。

一方で刑務所の面会ではしおらしく丁寧に振る舞い、一応社会に適応する常識もありそう。

まぁむしろそれが逆に薄気味悪い。とか思ってたら突然のブチギレでまたまた鬼の形相に。演技の切替・メリハリが素晴らしいです。


そしてそして全事件の首謀者であり須藤たちから「先生」と呼ばれる木村孝雄を演じたリリー・フランキー。口調やその表情は須藤と打って変わって、リリー・フランキーが持つ大人な雰囲気です。

だがしかし。それでいてさらっと恐ろしいことを口走る。

「鉈ってある?」

「転がしてる土地あるからそこに埋めちゃおう」

「じゃあお酒飲ませて死なせちゃうから。」

このおっさん、恐い(確信)。

さらにこのおっさん、悪事を働く時に無邪気にはしゃぐ。「あ、こいつヤバイ」と思わずにいられません。異常にハイテンションなあのおっさんは誰にも止められない。


とまぁ主要な役を演じるこの3人がものすごいんですよ。

彼らの演技を観るだけで迫力があり、恐ろしく、禍々しい。このメンツでこの内容の映画を撮った時点で大勝利ですよ。

凶悪は日常にある

物語的な面白さで言えば

凶悪は日常に転がってるんだよ

という事実がガツンと突きつけられる点にあります。


現実の悪人はフィクションの世界に出てくるような、一種の信念や矜恃を持っていたりカリスマ性があったりなどということは一切無い。

現実の悪人が持っているのは「損か得か」の判断だけ。労力に対して楽に大金を得ることができれば人を埋めようが燃やそうが、何人殺そうが関係なし。彼らにそれ以外の拘りはありません。


特に劇中で須藤が頻繁に使う

「ぶっこんじゃおう」

というパワーワード。これの使い方があまりにも軽い。「よーし、いっちょ仕事しますか!」「ランニングいくぞー」という仕事や部活に精を出すくらいのノリで、人の死という重みがまるで無い。言ってることとやっていることの重さのギャップこそが、凶悪。


そしてそんな考えを持つ人間が現実にいる。どころか、もしかすると自分のすぐそばにいるかもしれないという事実。

これを体現する、劇中屈指の嫌なシーンがあります。それは須藤や木村が1件目の事件で人を燃やした直後、家族と仲良くクリスマスパーティーを催しローストチキンを頬張る場面。戦慄を覚えます。

ここだけ切り取ればどこの家族にでもある団欒で、事実彼らからするとどこにでもいる家族なんでしょう。そう、日常的には普通の一面もある。

そしてそれは悪人たちが紛れもなく私たち一般人と同じ世界、同じ空間に住んでいて、平和な日常の地続きとなっていることを意味します。


だから恐い。この映画が描く”凶悪”はスクリーンだけの世界でも無ければ、遠い国の話でもない。あなたのすぐ近くで起こるかも知れない悪事なのです。物語のモデルが実在した事件であることが、何よりの説得力でしょう。

この凶悪、ぜひ味わいましょう

ということで映画『凶悪』の感想でした。

過激な表現やグロい描写満載で、視聴のハードルは高いかもしれません。

ですが主要3人の演技、日常に潜む凶悪の背筋が凍るような恐ろしさは、他では味わえないであろう素晴らしい映画でした。ある種のホラーを楽しみた人におすすめです!!

なお恋人同士、家族みんなでの視聴はおすすめしません。