宮城県塩竈市の『亀喜寿司』で回らない寿司をいただきました

スポンサーリンク

こんにちは。

なんと私、今年で30代に突入してしまいました。

かつて思い描いていた「立派」「カッコイイ」「仕事ができる」30歳のイメージとは大きく隔たりがある現状……

ですが、とりあえずブログだけはこれからも頑張っていこうと思います。


ところで1年前の同じ頃、20代最後の誕生日に初めて回らない寿司を食べに行きました。そしてその顛末は1年前に書いたこの記事のとおりです。

blog.wackwack.net

正直に言って残念でした。

そして今年。誕生に何を食べようかなぁと妻と話していたところ、

「やっぱ、寿司でしょ!」

ということで、勇気を出して再び回らない寿司に挑戦してきました!

宮城県塩竈市の『亀喜寿司』

訪れたのは宮城県塩竈市『亀喜寿司』さんです!

宮城県が誇る漁港・塩竈港のほど近く。地元塩竈での人気も高い(らしい)回らないお寿司屋さんです。

駐車場完備(7台くらい?)、JR仙石線本塩釜駅から徒歩7分で電車のアクセスも良好です。


ちょうど昼頃着いたのですが……やっぱり混んでいました。並んでいるお客さんこそ少なかったものの、席の大部分が予約されていたようです。

予約してこなかったことを激しく後悔する私たち。それでも「ここまで来て帰れるか!!」と、根性で待つこと20分……

親方が目の前にいるカウンターに通してもらえました!

親方おすすめ握り(5,200円)

何を頼もうか悩んだ結果、『親方おすすめ握り』(5,200円)に決めました。

『親方おすすめ握り』はこの他、7,200円と10,200円のコースがあります。いつか、食べてみたい……


そしてこれが『親方おすすめ握り』(5,200円)だ!!!!! 亀喜寿司

眩しい!輝かしい!これが三十路の輝きか!(違う)

一皿目のラインナップ。

  • 口に入れればとろける、これぞ大人!大トロ!
  • 塩でいただく、淡白でありながらギュッとつまった旨味!塩竈真鯛
  • この弾力がたまらない!イカ!
  • うまい!甘い!身がぎっしり!ズワイガニ
  • フワッフワで身が厚い!穴子
  • 透き通る白さと溢れ出るプリプリ!エビ!
  • 新鮮!臭みゼロ!サンマ!
  • 心地よい香りが鼻から抜ける、優しい甘さが私を昇天させる。ウニ!
  • トロットロで濃厚な味わい!白子!

さらにコレだけではありません。第二弾がやってきました。
亀喜寿司

  • 脂身と肉感の絶妙なハーモニー、中トロ!
  • 鮮やかなピンクは寿司のトップモデル!金目鯛!
  • これぞ「日本一の赤貝」!肉厚!甘い!美味い!閖上(ゆりあげ)の赤貝!
  • その輝きは海の宝石!いくら!
  • 美味しいけど既にいっぱいのお腹に大ダメージ!鉄火ロール!

まさか大トロのあとに中トロが出てくるとは思いもしませんでした。しかも鉄火ロールがあり、これだけで「マグロ祭りや!!!」って感じです。

さらには閖上の赤貝。閖上」とは宮城県名取市の地名で、ここで取れる赤貝は東京・築地でも「本玉」と呼ばれる超高級食材です。

赤貝の塩漬【宮城県閖上(ゆりあげ)産】

赤貝の塩漬【宮城県閖上(ゆりあげ)産】

閖上の赤貝をこの時初めて食べました。なんかもうね、感動ですよ。身は肉厚で柔らかく「貝!!」というしっかりとした食感。甘みが口の中に広がり、それでいて臭みは全くありません。

私が今まで食べていた赤貝は味の付いたゴムだと思いますね、ええ。


最後は酒粕で作った特性ムース。

アルコールは飛ばしてあるので運転手も大丈夫。とっても滑らかな口当たりと優しい甘み、ほんのり漂うお酒の良い香り。これぞ大人のデーザート。


これに海苔のお味噌汁が付きます。大変おしいですが……

「は、腹が!ぶち破れる!」

ってくらいボリュームたっぷりでした。ただし我々夫婦は少食なので、この記事をご覧いただいているみなさんにはちょうど良いかもしれません。

それにしても5,200円でこのボリューム。7,200円と10,200円のコースでははいったいどうなってしまうのか……

ゆっくりお寿司が楽しめる!

今回はカウンターでいただきましたが、1年前に出くわしたような、

  • 怒られる新人
  • 親方とペチャクチャする常連のおばちゃんや社長
  • 寿司がなかなか出てこない

ということは一切なく、当然に寿司は美味しいし、ネタの説明も丁寧にしてくれるしで、最高の回らない寿司でした!


みなさんも宮城県塩竈市に訪れた際は『亀喜寿司』へ行ってみてください!

ゆっくりと、宮城が誇る新鮮なお寿司が堪能できますよ!なお、予約は忘れずに!!

塩竈みなと桟橋から

塩竈みなと桟橋から