DMMで一番人気のエロ動画がVR作品だった

スポンサーリンク

こんにちは。

久しぶりにDMMのサイトを見てみました。dmm.comじゃなくてdmm.co.jpの方です。『DMM.R18』なので、18歳未満はみちゃダメです。


上半期の人気動画ランキングを見て驚きました。

DMMのランキング
(健全な当ブログに不適切な画像・言葉はボカしています。)

日本最大級のエロ動画サイトDMM.R18における、2017年上半期のエロ動画ランキング上位20作品のうちなんと7本がVR作品

しかも1位、2位はどちらもVR作品。



「2016年は『VR元年』と呼ばれていたが、2017年はまさに『VRエロ動画元年』と呼ぶにふさわしい!!」

などと一人で興奮してしまいました。

私は既に格安のVRゴーグルを購入しています。800円で買えます。

blog.wackwack.net

この記事を書いた時点でのDMM.comのVR動画の品揃えは、正直イマイチでした。

出ている女優さんは同じ人ばかり、内容もワンパターン(と思われる)ものばかり。あまり興味をそそられませんでした。


それが2017年も半分過ぎた今、状況は大きく変わっています!


VR専用動画は1,500本以上!!

DMM.R18におけるVR専用動画の本数は、1,500本を超えています。

その内容も単純なプレイだけではなく、シチュエーションものや複数プレイなど、一般的な趣向であれば十分に満たしてくれる程の品揃えです!

たくさんの女優が見られる!!

出演している女優さんも明らかに増えています!こぞってエロ動画を見る健全な男子諸君であれば名前を知っているであろう女優さんたちが、こぞって参加をしています。 VR作品に出演しているAV女優



これらのことから「VRは良いけど、内容がいまいちなんでしょ?」という状況は払拭されつつあります。

何よりも最初に紹介した上半期のランキングがそれを物語っているでしょう。


しかし一方で、DMM.R18のVRエロ動画にはデメリットもあります。

サンプル視聴ができない

これですこれ。DMM.R18のVR動画にはサンプルがありません。

そのため我々消費者が購入の意思決定すための材料は「イメージ画像」しかありません。


DMM.R18の魅力といえばサンプル動画の豊富さです。本編買わなくてもサンプルで十分事足りるくらい、充実しています。

DMMのサンプル動画は当初、クレジットカードの登録が必要でした。私はDMMでサンプルエロ動画を見るためだけにクレジットカードを作ったものです。

それが今や、クレジットカードどころか会員登録せずともサンプル動画を見ることができます。クレジットカードが作れない世の学生たちにっとては、大変うらやましいけしからん状況です。


その状況でサンプル動画を見ることができないDMMのVRエロ動画。ハズレを引く確率も高くなってしまうでしょう。

時間あたりの価格が高い

VR作品は作品の時間に対して価格が高いです。

売れ筋は30分前後で980円~1,300円くらいのものが多い気がします。

通常のエロ動画であれば1,300円で2~3時間くらいの作品が山ほどありますから、費用対効果を考えると普通の作品とどちらを買うか、悩ましいところです。

新たな時代の興奮『VR』

インターネットの登場以来、アダルトコンテンツの供給量は劇的に増えたでしょう。しかし、それはあくまでも画面越しに見れる機会が増えただけ。

VRは「見る」から「感じる」という新たな興奮体験を提供してくれる、新時代のアダルトコンテンツです。

ただテレビ・パソコンの画面を眺めているだけでは手に入らない、臨場感・没入感を味わえます。


廉価なVRゴーグルを購入すれば動画代を含めても2,000円未満。

乗るなら今しかない!このビッグウェーブに! f:id:WorldWorldWorld:20170701175722p