MacBook Airは終わった?それならHP『Spectre13』があるじゃないか!

スポンサーリンク

こんにちは。

私は6年間、11インチのMacBook Airを使い続けてきました。

初めてのMacだったわけですが、MacBook Airのあの軽さ・薄さ、見た目のカッコよさは最高でした。


しかし6年です。ノートパソコンとしては十分に元が取れたと思いますし、さすがに最新のMacOSでは動きも鈍くなってきて物足りないスペックです。



「次にMacBook Airがアップデートされたらそれを買おう!!」


……と、2~3年思い続けてきました。

しかしMacBook Airはちょっとしたスペックアップばかりで、目新しい進化がありません。それどころか11インチのモデルは廃止され、近い将来MacBook Airの役割はiPadあたりに取って代わられる勢いです。


わかります。タブレット端末全盛の時代、「薄くてスリムなノートPC」の需要は減っているのかもしれません。

それでも私はMacBook Airが良かった……



どうしようかと悩んでいたところ、HP製の『Spectre13』に出会いました!
spectre13
HPより


このPCを見た瞬間ビビビッときました。


Appleから消え去ろうとしているMacBook Airの意志を受け継ぐものだ!」


と感じました。

そして気づいたら買っていました。こんなに購入意欲にかられたのは久しぶりです。


手に入れて1ヶ月ほど経ったところで『Spectre13』がいかにMacBook Airユーザーの後継機としておすすめなのか、ご紹介します!!

とりあえずスペック

Spectre13、MacBook Air(13インチ)、MacBook(12インチ)、MacBook Pro(13インチ)とのサイズ・インターフェース・価格の比較です。

価格はCPU:Corei7、メモリ:8GB、HDD:512GBのSSDで比較しています。
スペック表
面積はSpectre13がMacBookシリーズよりも大きめですが、薄さ・軽さは一歩先を行きます。

さすがに12インチMacBookに軽さは劣りますが、13インチであることを考えればかなり健闘していると言えます。


それではSpectre13のおすすめポイントを見ていきましょう。

薄い

何と言ってもその薄さ。薄すぎて溜息がでます。
薄い

薄い


最初のスペック表を見ても分かる通り、MacBookシリーズを圧倒しています。さらにこれまで私が愛用していた11インチのMacBookAirと比べても……

薄い


11インチMacBook Airと変わらない薄さ。

最も薄い部分で10.4mm。最も厚い部分でも11.2mm。もはや下敷き。


MacBookAirの後継たるもの、やはり薄さは妥協できませんが本家よりも薄い。文句なしです。

軽い

次に軽量であること。

こちらもスペック表を見て分かる通り、13インチではMacBookシリーズを凌駕します。その重量わずか1.11kg

さすがに12インチのMacBookや11インチのMacBook Air(1.08kg)には劣りますが、それでも13インチとしては規格外の軽さです。

美しい

「軽量」という指標”だけ”なら、NECLAVIE Hybrid ZERO』FUJITSU『LIEFE BOOK』が上を行きます。

nec-lavie.jp

ascii.jp



しかし、このSpectre13にはそれらに無いものがあります。

それこそが美しさです。


シックなブラウンの天板に光る「hp」のロゴ。
美しい


縁取りもロゴと同じピンクゴールドに輝く。なんというラグジュアリー。
美しい

天板を開けば無駄なシールやマークは無く、最適に配置されたキーボードと左下に添えられた『spectre』の7文字。 美しい

美しい


紫がかったバックライトも大人な夜を演出します。
美しい


MacBook Airのメタリックでシンプルなカッコよさとはまた違う、ラグジュアリーな大人なカッコよさがSpectre13にはあります。

このデザイン性は他の薄型ノートPCにはありません。

コスパがすごい

スペック表を見て分かる通り、結構良いスペックなのに10万円前半で買えるのはSpectre13だけです。

驚きの軽さ・薄さ・美しさでこの価格。


控えめに言って、優勝です。

欠点

ここまで褒めちぎってきた『Spectre13』ですが、当然欠点も存在します。

MacOSじゃない

はい、これね。

MacBook Airユーザーのみなさんは筐体だけではなく、ハードとソフトが一体になった『MAC』という製品そのものがお気に入りですよね。

私もすっかりMacOSに慣れ親しんでいるので、できればそっちが良かったのですが、Spectre13を選択する限りはどうにもなりません。


さらにMacOSじゃないことに関連して、タッチパッドに違和感を感じます。

スクロールの速度・幅や感度、ミッションコントロールが無いことなどなど、慣れるためには時間がかかりそうです……



それでも!!

Spectre13はコストパフォーマンスの面で、クソ高価なMackBook Proや色々削ぎ落とし過ぎのMacBookの上を行くと思っています。


今後無くなる(かもしれない)MacBook Airを追い求めるのを止めて、Windowsだけれど素晴らしい機体を選択する勇気も大切です。

インターフェースが……無い!!

攻めすぎたのか、この薄さが故に犠牲となったのかはわかりませんが、Spectre13が備えるインターフェースはUSB TypeC 3つのみです。

必ず別売りのアダプタが必要になるでしょう。


不便は不便なのですが、この機体の魅力からいけば大きな問題ではありません。


むしろその攻めっぷりは嫌いじゃいない。



ちなみに私はこちらの”全部入り”アダプタを買いました。(spectre13に似合うゴールドだけが異常に高かったので、泣く泣くグレーを選びました。)

標準の電源アダプタがクソでかい

本当にこれ最悪でした。


こんだけ薄くて軽くておしゃれなのに標準のアダプタがアホほど重い&でかい。

このぶっといコード見えますか?
アダプタ

台無しだよ台無し。



ということで、こちらの別売りの軽量アダプタを買うことをおすすめします。本体と一緒に買えば2,000円引きで買えますよ! 電源アダプタ

Spectre13がとにかくおすすめだ!!

ということで、『Spectre13』の良いところ、悪いところを紹介してきましたが、総じておすすめです!!


店頭販売がほとんど無い(仙台だから?)ため購入に踏み切るのに勇気が必要ですが、心配ないさ!私がおすすめしているのだから!!


ちなみに最新モデルはタブレットにもなる2in1の『Spectre X360』ですが、Spectre13よりでかくて重いです。

私はあくまで「薄型ノートPCの傑作」として『Spectre13』をおすすめします。