CentOSにlua対応版のvimを導入したメモ

スポンサーリンク

こんにちは。

自分のパソコンではテキストエディターにvimを使っています。


vimは標準機能だけでも(使い方を覚えれば)十分使いやすいエディターですが、プラグインを導入することでさらに便利に使うことができます。


数あるプラグインの中でも便利な機能として、入力補完のプラグインneocomplete』があります。 github.com

この『neocomplete』を使うためには、vimlua言語が使える拡張機能が導入されている必要があります。

導入方法は簡単なのですが、少し引っかかった点もあったのでメモしておきます。

環境

現状の確認

vim –versionの実行結果が「-lua」となっていれば、luaは無効になっています。

$ vim --version
……
+dialog_con      -lua             +rightleft       +windows
……

lua対応版vimの導入

依存パッケージの導入

vim本体の前にlua対応版に必要となるパッケージを先に導入します。lua-develがそれに当たります。perl-ExtUtils-Embedvimperlを組み込むためのパッケージです。

$ yum install -y lua-devel perl-ExtUtils-Embed

vimソースのダウンロード

ソースファイルをダウンロードしてきます。

$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.4.tar.bz2
$ tar xvf vim-7.4.tar.bz2

インストー

展開したソースディレクトリへ移動してインストールします。

configure

まずは./configureでインストールオプションを指定します。luaを導入するためには–enable-luainterpを指定します。ここでは他にもperlpythonrubyvimで使えるようにオプションを指定しました。

$ cd vim74
$ ./configure \
 --enable-multibyte \
 --with-features=huge \
 --enable-luainterp \
 --enable-perlinterp \
 --enable-pythoninterp \
 --with-python-config-dir=/usr/lib64/python2.7/config \
 --enable-rubyinterp \
 --with-ruby-command=/usr/bin/ruby \

make

続いてmakeを実行します。

が、ここでエラーが発生……

$ make
……
auto/if_perl.c
/usr/bin/perl /usr/share/perl5/ExtUtils/xsubpp -prototypes -typemap \
/usr/share/perl5/ExtUtils/typemap if_perl.xs >> auto/if_perl.c
Can't open perl script "/usr/share/perl5/ExtUtils/xsubpp": そのようなファイルやディレクトリはありません

調べたところ私の環境ではxsubppの格納パスが「/usr/share/perl5/vendor_perl/ExtUtils/xsubpp」となっていました。

ということでsrc/Makefileを以下の通り修正します。

#src/Makefile
……
auto/if_perl.c: if_perl.xs
       $(PERL) -e 'unless ( $$] >= 5.005 ) { for (qw(na defgv errgv)) { print "#define PL_$$_ $$_\n" }}' > $@
       #$(PERL) $(PERLLIB)/vendor_perl/ExtUtils/xsubpp -prototypes -typemap \
       $(PERL) $(PERLLIB)/vendor_perl/vendor_perl/ExtUtils/xsubpp -prototypes -typemap \
           $(PERLLIB)/ExtUtils/typemap if_perl.xs >> $@
……

クリーンしてmakeをやり直します。

$ make distclean

$ make

ここまでで、srcディレクトリにvimのバイナリファイルが作成されています。作成されたvimのバージョンを確認して、+luaが確認できればOKです。

$ src/vim --version
……
+dialog_con      +lua             +rightleft       +windows
……

make install

最後にmake installで、システムのvimを導入します。

$ make install

$ vim --version
……
+dialog_con      +lua             +rightleft       +windows
……

以上!