JSバックアップでAndroidスマートフォンのバックアップを取得する

スポンサーリンク

最近カメラの調子が悪く、docomoショップへ持っていったところ無料で検査・ホコリ除去してくれるとのこと。しかし、その際データが全て吹っ飛びますとも。

普段スマホのバックアップなんて取っていないので、まとめて取得できるツールを探しました。
Googleで検索したところ、一番人気はJSバックアップのようです。

JS バックアップ

JS バックアップ


JSバックアップは電話帳やブックマーク情報や、画像・音楽・動画といったメディアデータのバックアップを取得してくれるツールです。
取得先はSDカードもしくはGoogleDriveやDropBoxなどクラウド上を指定できます。

バックアップを取得してみる

では早速バックアップを取ってみます。
なお環境はAndroid4.4.2、Xperia Z3(SO-02E)です。


アプリを開いた画面です。「バックアップ&復元」を選択します。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225245j:plain

次に「バックアップ」を指定。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225255j:plain


初回はこのような画面が出ます。今回は「クラウドにバックアップする」を選択。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225311j:plain


そうすると選択可能なクラウドサービスが表示されます。
今回は「Google Drive」を選択。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225339j:plain

Googleアカウントのログイン画面が表示されます。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225353j:plain


リクエストを許可するとバックアップ先にGoogle Driveが追加される。
f:id:WorldWorldWorld:20150714230136j:plain
f:id:WorldWorldWorld:20150714225429j:plain


バックアップメニュー画面。
ここからバックアップファイル名やバックアップファイルに対するパスワードの設定などが行えます。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225456j:plain


「バックアップデータ」を開いてみると、いくつかのカテゴリが表示されます。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225538j:plain



例えば画像を開いてみると、画像の中でもバックアップするもの、しないものを選ぶことができます。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225555j:plain


バックアップメニュー画面の「確定」を押すとバックアップが実行されます。
バックアップが終了すると、GoogleDrive上にバックアップされたデータが確認できます。
「jsbackup」の中にデータが格納されています。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225640j:plain



メディアが各ディレクトリごとに保存され、「jsbackup」の中に電話帳などのアプリの基本データをまとめたzipファイルが保存されているようです。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225658j:plain
f:id:WorldWorldWorld:20150714225714j:plain


また、JSバックアップのメニューから「復元」を選ぶと、各バックアプ先に保存されたバックアップデータを選んで復元が可能です。
f:id:WorldWorldWorld:20150714225724j:plain
f:id:WorldWorldWorld:20150714225730j:plain


以上、JSバックアップによるバックアップ取得方法でした。
次はリストア編で!!

Androidタブレット スタートブック

Androidタブレット スタートブック