小さな星がほらひとつ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトレイジ

スポンサーリンク

日曜日にDVDで見ました.

すでに高い評価を得ているようですし,感想はもちろん「おもしろい!!」です.


まず,何と言ってもキャストが凄い.


北野武椎名桔平加瀬亮北村総一朗三浦友和國村隼杉本哲太小日向文世石橋蓮司中野英雄塚本高史


渋い!!(塚本さんは除くけどw)
テレビ見なくても,名前くらいは聞いたことある人ばかり.
中でも椎名桔平はいい味出してました.
あと加瀬亮も,「インテリやくざ」にハマっていたと思います.
それと塚本高史も,いかにもチンピラっぽくて良かった!このメンバーに名前を連ねるなんて,中々できることじゃないっすよ.


次に,この映画には主人公らしい人がいないため,最後まで誰がどうなるのかわからない.それがハラハラさせる.
ちなみに加瀬亮のフラグは,他のブログの感想を見て初めて気づきました(笑)
とは言っても,ビンビンに漂ってくる「死亡フラグ」.
そう,フラグ自体はあからさまなんだけど,死に方(殺され方)が想像の斜め上を行っている!!
それが怖すぎるんだけど,なぜか笑ってしまった.
特に初めのカッターと歯医者はおっかない...


とまぁ,文句の付けようも無いのだけれど,


1.黒人必要?
ギャグパートの意味もあったのだけど,必要だったのかなー.わざわざ黒人じゃなくても,とは思いました.
あと死体を埋めさせて放置する,という謎の行動が...多分逃げたら殺されるんだろうし,小日向さんが演じていた警察みたいのがいるから,見つかっても平気なのだろうけどね.


2.白昼堂々の殺しが
不自然に感じてしまったw
でも,それは日常にそういう方々の生活(というか仕事)していると言う事だよね.
たまにニュースでも聞くしね.
ただ屋台で思いっきり頭殴って拉致したり,新幹線の中で発砲はどうしても違和感がありました.


とかうだうだ言ってますが,全体としては非常に面白い!!
十三人の刺客も結構重かったけど,こちらのほうがより身近に「痛み」「凄惨さ」
を感じることができます(←どんな薦め方?